葬儀と告別式、葬儀とお通夜の違いとは?千葉で増えている葬儀の形

混同しやすい葬儀と告別式ですが、実はそれぞれに違う意味があります。

◎葬儀は宗教的な意味で故人を送り出す儀式

葬儀は本来宗教的な意味で、故人をあの世へと送り出す儀式です。

基本的に、家族や親族が参列し故人の冥福を祈り、あの世へ送り出します。

宗教的な儀式なので、宗教や宗派によって形式が異なります。

故人の意思によって、家族葬などの葬儀を選ぶ場合もあります。

《関連》知っとこ!千葉で近年増えている家族葬とは?>>>http://www.mmcmink.org/

◎告別式は社会的に故人とお別れをする儀式

昔は葬儀の後に、墓地や火葬場まで遺体を見送っていました。

この儀式を野辺送りといい、現在では告別式と呼ばれています。

本来告別式は、葬儀の後に行われるものなのです。

告別式は、故人の友人や知人が故人とお別れをするために行われる儀式です。

そのため、原則としてだれでも参列することができます。

◎お通夜と葬儀の違いは?

葬儀は宗教的な意味合いで、告別式は社会的な儀式として行われますが、お通夜も告別式と同じく社会的な儀式として行われています。

本来、お通夜は故人の友人や知人が弔問し、故人の家族や親族とともにお別れをする儀式でした。

現在では、告別式に参列できない人のための別れの場として認識されています。

また、かつて、お通夜は夜通し行っていましたが、近年では短時間のみで終わる形のお通夜が主流になっています。

地域によっては今でも夜通しで線香の灯を絶やさない習慣もあるので、参列する前にその地域の習慣やマナーを調べておきましょう。