葬儀に行く際に気を付けたい髪型のマナーとは?

葬儀に参列する際は、服装だけでなく髪型も身だしなみの一つとしてマナーを守る必要があります。

◎葬儀での髪型の基本

葬儀では、遺族や参列者に失礼のないようにふるまう必要があります。

身だしなみとして、葬儀では、派手で華やかな髪型は避けなければなりません。

どちらかといえば地味な髪型をする必要があり、後ろに髪をまとめるのが一般的です。

葬儀では、親族も参列者も頭を下げる機会が多くなります。

そのため、お辞儀をした後に髪が乱れないように注意しましょう。

前髪も、長すぎる場合は横に流し、パーマなどをかけている場合も、手直しの必要がないようにしっかりまとめるようにしましょう。

◎髪をくくらない男性や子供の髪形は?

髪が短く、髪をまとめる必要がない人は、そのままの髪形でも問題ありませんが、ワックスなどの整髪料をつけすぎないように注意しましょう。

葬儀では清潔な恰好をする必要があるので、オシャレにしすぎないようにしましょう。

子どもの髪形も地味な髪型にしましょう。

特にセットする必要はありませんが、襟足や前髪が長すぎる場合は切りそろえておきましょう。

◎髪色については?

葬儀に参列する際の髪色についてですが、暗めの茶髪であればそのままでも問題はないでしょう。

しかし、色が明るすぎる色や、暗めの茶髪の場合でも可能であれば、スプレーでの黒染めをしましょう。

特に男性は、女性に比べても髪を染めている場合に目立ちやすい傾向があるので注意しましょう。